せっかく新しい家・マンションに引っ越したのに、なんだか引っ越しをしてから頭痛や喉の痛みを感じるようになった・・・。

もしかしたらそれは現代家屋に住む人に多く見られる「シックハウス症候群」の症状かもしれません。

近年、建築技術の発達によりとても住みやすく快適な家を建てられるようになりましたが、あまりにもの気密性の高さによりシックハウス症候群に悩まされる方も増加しているとのこと。

今回は、そんな新築家屋におけるシックハウス症候群の対策方法についてご紹介していきます。



シックハウス症候群の原因は何?

シックハウス症候群の主な原因は、接着剤や塗料・防腐剤などに使用される「ホルムアルデヒド」や「トルエン」など。

昔からこれらの化学物質は使用されてきたのですが、現代家屋は気密性がとても高いためこれらが外へ換気されず家屋内にとどまってしまうようになり

・目がチカチカする
・喉の痛み
・頭痛
・吐き気

など体に不調が出る人が続出しています。

また、新築の家用に買った家具がシックハウス症候群の原因となってしまうことも。

新しい家具にももちろん接着剤や防腐剤などの化学物質が使用されているため、いくらシックハウス対策が成されている家でも家具のせいで体調を崩してしまうことがあるそうです。



新築のシックハウス症候群対策は「換気」!

新築家屋におけるシックハウス症候群の一番効果的な対策法はズバリ「換気」です。


シックハウス症候群は家の中に浮遊している化学物質が原因であるため、それを換気によって外へ追い出すことによりシックハウスの症状を緩和することが可能になります。


窓を開ける際は必ず風の通りが良くなるよう2箇所以上の窓を開け、家のドアを全て全開にしておくようにしましょう。

風圧によりドアが勢いよくしまってしまい、小さなお子様がいる場合は怪我につながる心配があるので、必ず各部屋のドアには風圧でドアが閉まらないようドアストッパーを噛ませるようにして下さい。


また、雨や雪などで窓が開けられないという場合はキッチンなどある換気扇を使用して空気の流れを作ってあげるようにして下さい。

これも、可能であれば数箇所の換気扇を回すことにより効率よくシックハウスの原因を外へ追い出すことができるようになります。


しかし、これだけでは完全にシックハウス症候群を防ぐことができるわけではありません。

先にもご紹介したとおり、家具にもシックハウスの原因となる「ホルムアルデヒド」が含まれている可能性もあるため、新築の家に新しい家具を買ってきたという場合は二重のシックハウス対策が必要となります。



新品の家具が原因のシックハウス対策は「ベークアウト法」がおすすめ!

家具からシックハウスの原因が出ているという場合は「ベークアウト法」を用いたシックハウス対策が効果的です。


ベークアウト法の手順は以下の通り

①部屋を閉め切り、室温を暖房・ストーブなどで30~35℃まで上げる

②半日以上温度を保ち、放置する

③放置時間経過後、1時間以上の換気を行う

この手順を繰り返すことにより、シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドの成分が薄れていきます。


しかし、この手順を毎日繰り返すのは少々困難かもしれません。

仕事や育児などで手一杯という場合は、スプレーやゲルといったホルムアルデヒド対策グッズを購入するのもおすすめ。

効果は人によって様々なようですが、ホルムアルデヒド特有の「具合が悪くなる匂い」を軽減する事には大変優れた商品だという口コミがあるので、生活に支障が出るレベルの症状でない場合はこういったグッズを購入するのも良いかもしれませんね。



シックハウス症候群対策はどのくらいの期間行うべき?

新築によるシックハウス対策は「◯ヶ月・◯年」といったはっきりとした答えはなく、化学物質の放散がなくなるまで続けなければいけません。


住んでいる地域の湿度や気温などでも差が生じるため「数ヶ月で対策なしで生活ができるように」という人もいれば「1年経っても改善されている気がしない」という人も・・・。


また、匂いだけで原因が除去されたのかは判別ができず「もう大丈夫かな?」と対策をやめた途端調子が悪くなるということもあるので「これぐらいの期間で~」と明言するのはとても難しいのです。

特に喘息やアレルギーを持っている人、デリケートな赤ちゃんがいる場合は大変深刻な問題ですので、決して自己判断で対策をやめるのではなくシックハウス測定キットを購入したり専門の業者に測定を依頼するようにしましょう。


新築によるシックハウス症候群はホルムアルデヒド等の化学成分が完全に放散されることで心配がなくなるため、一生対策が必要なものではありません。

ご家族の健康を守るためにも、新築へお引越しをする際は必ず建築会社へシックハウスの確認をすること、そして十分な対策をとるようにして下さいね。



さいごに

シックハウス症候群は気密性の高い現代家屋だからこそ引き起こしてしまう症状で、特に子供やお年寄りなどの身体が弱い人々には深刻な問題となっています。

しかし、最近はシックハウス対策をしっかり行なっている建築会社も数多く存在するため、これから家を建てる予定であるという方は必ず最初にシックハウスのことについて担当者と相談をするようにして下さいね。

また、家具を購入する際もシックハウスの原因となる塗料や接着剤が使われていないかなどをきちんと確認をするよう注意しましょう。